メールマガジンメールマガジン登録・購読無料 視点更新情報ほか各種ご案内等お届けします。

氏名

メールアドレス

  • 初めての方へ
  • 資料を送付いたします
  • 代表者プロフィール
  • 社内セミナーのご案内

バックナンバー

  • 第95話:営業業績向上と販売計画
    営業業績向上の販売計画は、営業戦略を日々の営業活動の中で推進していく指標の一つであり、ポイントは、その年の展開の方向を示す、月ごとの活動の重点を決める、週・日々の仕事の段取りをすることが重要な焦点と考えます。
  • 第94話:営業業績向上と解決策の具体化と実現化
    営業業績向上の解決策の具体化は、整理されたアイディアの選択・組み合せ・修正・発展・追加発想などをしていく、具体案の実現化は、具体案を洗練・具体化させ、実行計画を作成することが重要な焦点と考えます。
  • 第93話:営業業績向上とアイディアの評価
    営業業績向上のアイディアの評価は、評価の視点を決める(評価の価値基準を決める)、評価尺度を決める(評価の粗さを決める)、比べる(評価観点と評価尺度に基づき、評価すべき候補を評価する)ことが重要な焦点と考えます。
  • 第92話:営業業績向上とアイディアの発想
    営業業績向上のアイディアの発想は、目的に向けてあらゆる方向から解決の可能性を探る着想のアイディアを出し、次にこれらの可能性や効果などを十分検討し、細部にわたっても検討した質の高いアイディアに仕上げることが重要な焦点と考えます。
  • 第91話:営業業績向上と創造的問題解決への取り組み
    営業業績向上の創造的問題解決は、創造的に問題を解決することをいい、その取り組みは、ポジティブな思考で取り組むこと、新たな姿勢で新たな認識を生み出すこと、柔軟な思考態度で取り組むことが重要な焦点と考えます。
  • 第90話:営業業績向上と創造性を伸ばす
    営業業績向上の創造性を伸ばすは、創造性活動のプロセスをおさえる、創造思考を使い分ける、ものごとをよく見る、固定観念や決めつけから自由になる、プラス思考でものをとらえる、などが重要な焦点と考えます。

過去の一覧

営業業績向上の視点

過去の一覧

  • 第95話:営業業績向上と販売計画
    営業業績向上の販売計画は、営業戦略を日々の営業活動の中で推進していく指標の一つであり、ポイントは、その年の展開の方向を示す、月ごとの活動の重点を決める、週・日々の仕事の段取りをすることが重要な焦点と考えます。
  • 第94話:営業業績向上と解決策の具体化と実現化
    営業業績向上の解決策の具体化は、整理されたアイディアの選択・組み合せ・修正・発展・追加発想などをしていく、具体案の実現化は、具体案を洗練・具体化させ、実行計画を作成することが重要な焦点と考えます。
  • 第93話:営業業績向上とアイディアの評価
    営業業績向上のアイディアの評価は、評価の視点を決める(評価の価値基準を決める)、評価尺度を決める(評価の粗さを決める)、比べる(評価観点と評価尺度に基づき、評価すべき候補を評価する)ことが重要な焦点と考えます。
  • 第92話:営業業績向上とアイディアの発想
    営業業績向上のアイディアの発想は、目的に向けてあらゆる方向から解決の可能性を探る着想のアイディアを出し、次にこれらの可能性や効果などを十分検討し、細部にわたっても検討した質の高いアイディアに仕上げることが重要な焦点と考えます。
  • 第91話:営業業績向上と創造的問題解決への取り組み
    営業業績向上の創造的問題解決は、創造的に問題を解決することをいい、その取り組みは、ポジティブな思考で取り組むこと、新たな姿勢で新たな認識を生み出すこと、柔軟な思考態度で取り組むことが重要な焦点と考えます。
  • 第90話:営業業績向上と創造性を伸ばす
    営業業績向上の創造性を伸ばすは、創造性活動のプロセスをおさえる、創造思考を使い分ける、ものごとをよく見る、固定観念や決めつけから自由になる、プラス思考でものをとらえる、などが重要な焦点と考えます。
  • 第89話:営業業績向上と創造性について
    営業業績向上の創造性は、創造力のつくり出す過程で思考のいずれもが新しい価値を生み出すという一貫したロジックで貫かれていること、想像が不可欠であること、創造的思考活動で発散と収束、集中と熟成、飛躍とひらめきが重要と考えます。
  • 第88話:営業業績向上と問題の発見
    営業業績向上の問題発見は、問題を認識する側の問題意識が大切です。また、問題発見のヒントは、「問題意識の高い人間になる」「問題発見のツールを用意する」「現象レベルの探索」「部下や職場全体の問題発見力の向上策」などが考えられます。
  • 第87話:営業業績向上と職場課題を検討する観点
    営業業績向上の職場課題を検討する観点は、職場課題は3つのレベルで、職場課題設定の視点は、「職場に大切なものに重点化する」「部下の意見を十分に聞き入れる」「この時点では、できる・できないは問わない」ことが重要な焦点と考えます。
  • 第86話:営業業績向上と人的資源開発(人材育成)の考え方
    営業業績向上の人的資源開発(人材育成)は、職場で仕事を通じて行われる能力開発が、メンバー自身が自ら学んでいく学習と、上司・先輩によって教えられて学ぶ学習という2つの側面の統合を目指すことが重要な焦点と考えます。
  • 第85話:営業業績向上と職場メンバーが学び育つ管理
    営業業績向上の職場メンバーが学び育つ管理は、営業課長・所長が仕事という貴重な教材を通して様々な体験を持ち学習を積み重ねていく職場の中に、人が学び育つしっかりしたしくみをつくり込むことが重要な焦点と考えます。
  • 第84話:営業業績向上と人的資源開発の基本課題
    営業業績向上の人的資源開発の基本課題は、目標達成管理との統合、システムアプローチによる管理、自律的で創造的な問題解決の能力開発、個性を重視した能力開発、職場集団全体の能力開発などが重要な焦点と考えます。
  • 第83話:営業業績向上と営業という仕事の管理の課題
    営業業績向上の営業という仕事の管理の課題は、仕事の環境や仕事のシステムを整えるといった、ハードウェア、ソフトウェアの管理だけではなく、担当者の内的条件(ヒューマンウェア)を整えるといった管理に焦点を当てることが重要と考えます。
  • 第82話:営業業績向上とロングセラー
    営業業績向上のロングセラーをつくる営業活動は、顧客の側に立って売り方を研究する、商品開発や改良に関与する、顧客とのコミュニケーションでブランドの信頼や愛顧を増幅する、顧客との循環関係を確立するなどが重要な焦点と考えます。
  • 第81話:営業業績向上とセールスモデル
    継続的な営業業績向上の営業活動の質(打率)管理は、営業活動をしくみとしてとらえ効果的なモデルを構築し、効果的に運用し、活動の質の底上げを図るとともに活動の進捗が見えるかたちで管理していくことが重要な焦点と考えます。
  • 第80話:営業業績向上と営業課長・所長の果たすべき役割
    継続的な営業業績向上は、営業課長・所長が経営トップや上位者あるいは部下などから期待されるものに、中長期的に継続して応えるために「管理の基本的な役割」と「変化促進のための役割」の両立をすることが重要な焦点と考えます。
  • 第79話:営業業績向上と組織変革
    継続的な営業業績向上の組織変革は、営業管理者が全社的な変革活動の有無にかかわらず、変革行動の実行力や長期適応力を育んでいくこと、つまり、現場が変化を日常とできるよう、組織行動を変革することが重要な焦点と考えます。
  • 第78話:営業業績向上と革新的課題の設定と共有
    継続的な営業業績向上は、現状の職場課題で目指すべき目的、方向を実現できるかを問い直し、再構築レベルの革新的課題を設定し、これをメンバーが受け入れ内在化すること、上司の信頼が蓄積されていることが重要な焦点と考えます。
  • 第77話:営業業績向上と職場目標の設定
    営業業績向上の職場目標の設定は、営業課長・所長が目標への意味づけを主体的に行う、職場課題を基に職場目標を設定する には、職場課題の重点化と計画化を行う、職場目標は上位目標・個人目標との連鎖をさせるなどが重要な焦点と考えます。
  • 第76話:営業業績向上とモチベーション
    営業業績向上でのモチベーションは、一律の施策を打ち出して社員のモチベーションを高めることではなく、営業課長・所長が目標による管理を展開するプロセスにおいて社員一人ひとりの個別の欲求に応えていくことが重要な焦点と考えます。
  • 第75話:営業業績向上と目標による管理の基本
    営業業績向上での「目標による管理」の基本は、「メンバーの 目標設定への参画」「メンバーによる目標達成活動の自己統制」をしっかり行い、メンバーが自主的に仕事に取組み、創造性や積極性を発揮することが重要な焦点と考えます。
  • 第74話:営業業績向上と顧客満足を実現する基本
    営業業績の向上での顧客満足を実現する基本は、顧客ニーズを正確に把握すること、特に潜在ニーズを把握し対応すること、市場を絞り込んだターゲットの期待水準の把握や顧客のニーズの変化を把握し対応することが重要な焦点と考えます。
  • 第73話:営業業績向上と顧客との関係づくり
    営業業績の向上での、顧客との関係づくりの絆となるのは人間関係や商品やブランドといえます。ブランドを機軸にした顧客との関係づくりは、営業担当者が4つのステージを明確に認識して対策を講じることが重要な焦点と考えます。
  • 第72話:営業業績向上とブランドの育成
    営業業績の向上は、商品・ブランドの育成を営業戦略に組み入れ実行し、企業のブランド価値の向上をすること、そして、商品・ブランド育成力と価値を高めたブランド力が活動の両輪で企業の価値を高めていくことが重要な焦点と考えます。
  • 第71話:営業業績向上と組織編成
    営業業績の向上は、営業課長・所長が効果的な営業戦略を立案し、営業戦略を実践する上で営業戦略実現に向けた適正な組織 編成をして、活動が他社より優位に展開されることが重要な焦点と考えます。
  • 第70話:営業業績向上と市場細分化とターゲットの設定
    営業業績の向上は、市場を何らかの基準で分割し、自社にとって最大の成果が期待できる分野を選択し、効果的な営業戦略を立案することにより、活動が他社より優位に展開されることが重要な焦点と考えます。
  • 第69話:営業業績向上と戦略課題の形成
    営業業績の向上は、直面型問題への課題対応、発見型問題への課題対応、創造型問題への課題対応などにより適切な戦略課題を形成し、効果的な営業戦略を立案されることが重要な焦点と考えます。
  • 第68話:営業業績向上と営業目標の設定
    営業業績向上は、営業課長・所長が営業活動を他社より優位に展開していくための戦略が必要であり、戦略立案の基盤の一つである営業目標設定の方法についてもよく理解され、効果的な営業戦略を立案されることが重要な焦点と考えます。
  • 第67話:営業業績向上と客観的な方法による予測・分析
    営業業績向上は、営業課長・所長が営業戦略や販売計画立案のための客観的な方法(数字を使って)による予測・分析と内外の環境分析により、効果的な営業戦略の立案と精度の高い販売計画の立案がなされることが重要な焦点と考えます。
  • 第66話:営業業績向上と目標の細分化及びその目標管理
    営業業績向上は、販売計画の立案で目標達成の方策を検討する際、目標達成の具体策を検討するために「目標の細分化」と「要素ごとの施策」、設定した目標の管理に「目標による管理」「プロセスによる管理」を行うことが重要な焦点と考えます。
  • 第65話:営業業績向上と販売計画の立案
    営業業績向上の販売計画の立案は、営業戦略と連動した精度の高い販売計画を立案することであり、販売可能高と目標売上高とのギャップを抽出し、このギャップに対して重点的に資源を投入することが重要な焦点と考えます。
  • 第64話:営業業績向上と営業活動の生産性
    営業業績向上の営業課長・所長の営業活動の生産性向上管理は、精度の高い販売計画の立案、セールスモデルの構築、販売の構造、営業担当者の育成、商品やブランドの育成などが重要な焦点と考えます。
  • 第63話:営業業績向上と共働関係の確立
    営業業績向上は、環境変化時代の管理のプロセスの確立をして、そのプロセスに沿って活動を展開すること、そのプロセスの共働関係の確立は、共働目標への意思の結集を図ることと共働目標と日常活動との結びつけを図ることが重要な焦点と考えます。
  • 第62話:営業業績向上と成長する職場
    継続的な営業業績向上の職場成長には、職場に「学習が起こる」必要があり、営業課長・所長が職場内に学習を起こしていくポイントは、職場内のナレッジの蓄積・共有・活用促進のしくみの運用と仕事を通じた部下の成長支援が重要な焦点と考えます。
  • 第61話:営業業績向上とコミュニケーション
    営業業績向上の職場コミュニケーションは、情報の伝達、信頼関係の構築、相互理解、協力関係の構築や人を動かす、職場集団のシナジーと創造性を高める、コンセンサスによる価値創造、パラダイムの共有化などが重要な焦点と考えます。
  • 第60話:営業業績向上とコミュニケーション
    営業業績向上の集団コミュニケーションは、営業課長・所長が仕事の特性や職務内容、部下の成熟度などや課題により集団活動の特性をよく理解し、向き、不向きを判断し使い分けていくことが重要な焦点と考えます。
  • 第59話:営業業績向上とコミュニケーション
    営業業績向上の職場コミュニケーションには、「情報伝達」「信頼関係の構築」「相互理解」の3つの機能があり、営業課長・所長が実践すべき管理を実践して職場目的を達成するベースとなるものであり、今日はその能力開発が重要な焦点と考えます。
  • 第58話:営業業績向上とリーダーシップ
    営業業績向上のリーダーシップは、営業課長・所長が強い信念の下、コミュニケーションを通して発揮することであり、信念を磨くには、常に、経営観・組織観・人間観を磨くこととリーダーとしての存在理由を問うことが重要な焦点と考えます。
  • 第57話:営業業績向上とリーダーシップ
    営業業績向上のリーダーシップは、職場メンバーが目的に向かって自主的、自立的に行動を起こすような影響を与えることであり、今日のような環境変化時代には、職場の変革を推進する「変革型リーダーシップ」の発揮が重要な焦点と考えます。
  • 第56話:営業業績向上と職場環境
    営業業績向上の営業課長・所長の職場環境づくりは、メンバーが目標達成活動からより多くの精神的満足感を得られる環境づくりであり、満足感のトレードオフを調整しつつ、職場全体として個々人の満足度を最大化していく働きかけが重要な焦点と考えます。
  • 第55話:営業業績向上と職場管理
    営業業績向上の営業課長・所長の職場管理は、自職場がどのような要素から成り立っているかを理解した上で、職場状況を分析的に把握し、どこに問題があるか、その原因は何か、どう対処していくべきかを構想することが重要な焦点と考えます。
  • 第54話:営業業績向上と創造性の発揮
    継続的な営業業績向上には、営業課長・所長の革新と創造のマ ネジメントにあっての「革新的レベル」の創造性の発揮と任務遂行型のマネジメントでの「改善」「改良」レベルの創造性の発揮が不可欠であり、重要な焦点と考えます。
  • 第53話:営業業績向上と権限委譲
    営業業績向上の権限委譲は、部下育成・自己統制の管理とセットで推進し、部下育成・自己統制の向上を図り、マネジャーが管理的業務により専念できることでマネジメントコストの低減と職場成果の拡大がお互いに促進し合うことが重要な焦点と考えます。
  • 第52話:営業業績向上と人と仕事の関係づくり
    営業業績向上は、職場の成果を最大化する態勢づくりである職場の構造づくりでの職務割り当てや目標設定時に、営業マネジャーが、部下のモチベーションに十分配慮した人と仕事の最適な関係づくりを目指すことが重要な焦点と考えます。
  • 第51話:営業業績向上と職場構造づくり
    営業業績向上の営業マネジャーの職場構造づくりは、職場の成果を最大化する分業設計と職務割当、目標設定と目標連鎖であり、目標設定は個々の部下の目標達成が職場全体、組織全体の成果につながる目標体系を構築することが重要な焦点と考えます。
  • 第50話:営業業績向上と分業設計と職務割当
    営業業績向上の分業設計と職務割当は、営業マネジャーが職場を取り巻く状況を把握し、職場成果を最大化する自職場の業務 特性に合致する分業方法を選択し、適切に職務編成を設計することと職務と各部下のベストマッチが重要な焦点と考えます。
  • 第49話:営業業績向上とマネジャーの役割
    継続的な営業業績向上の営業マネジャーのマネジメントの役割は、マネジメントの基本的な役割だけでなく、変革行動の実行力や長期の適応力を現場に育んでいく、変化促進のための役割を両立して果たしていくことが重要な焦点と考えます。
  • 第48話:営業業績向上と市場シェア
    営業業績向上は、市場が低成長期や商品が成熟期にあっては、競合のシェアを喰って自社のシェアを増大することになります。そのためには、中長期の市場シェアの目標値を設定し、どのようにして達成していくかの戦略の立案とその浸透管理が重要な焦点と考えます。
  • 第47話:営業業績向上と意思決定
    営業業績向上は、管理レベルや業務レベルの意思決定を行う際の前提である戦略的意思決定を、営業マネジャーが、適切なタイミングで、適切な内容で行うことにより、職場活動全体が有効に進められ、環境への適応力が常に高められていくことが重要な焦点と考えます。
  • 第46話:営業業績向上と戦略と戦略的発想
    営業業績向上は、戦略での戦略的発想で差別化の戦略が最も重視されていること、その差別化が相対の世界の差別化ではなく、他で得ることのできない独自の価値を実現する絶対の世界の自己差異化であること、さらに、自己差異化の差別化戦略により、自社に有利な環境をつくることなどが重要な焦点と考えます。
  • 第45話:営業業績向上と想いと構想
    営業業績向上は、エリア環境からの要請に応え続けるために、エリアマネジャーが自分自身の想いをベースに、夢のある質の高い構想を策定することと、職場メンバーがそれを理解・納得し、主体的に受け入れ、積極的に実践することが重要な焦点と考えます。
  • 第44話:営業業績向上とナレッジ
    営業業績向上は、外部環境からの要請に応え続けるために、新しい付加価値を創造し続けることといえます。そのためには、営業マネジャーがナレッジを蓄積し、新しい価値を再生産するための全体的なしくみを構築し、運用していくことが重要な焦点と考えます。
  • 第43話:営業業績向上と目標と戦略と戦術
    営業業績向上は、エリア環境に適応した戦略目標と適切な戦略と戦術が一体となった、拠点の戦略的販売計画の立案と担当者別の戦略的販売計画の策定がなされ、その計画の達成を通して行われていくことが重要な焦点と考えます。
  • 第42話:営業業績向上と営業組織の重要要素
     営業業績向上の営業組織の重要要素は、価値観の明確化と共有化、営業に必要な知識力・技術力、計画の実践力、問題解決行動、戦略的思考などであり、これらの要素が同じレベルの高さで、環境適応できる高さであることが重要な焦点と考えます。
  • 第41話:営業業績向上とマーケティング
    営業業績向上のマーケティングは、営業マネジャー及び担当者がマーケティングの基本的考え方、姿勢への理解を深め、自組織の営業の役割を明確にし、その役割を果たすことに強い責任意識をもって活動することが重要な焦点と考えます。
  • 第40話:営業業績向上とマーケティング
    営業業績向上のマーケティングは、「統合的マーケティング」の実践と営業マネジャーによる、地域特性、競合動向、取引先及び消費者の価値観などを前提にした「売れる仕組みづくりとその浸透」が重要な焦点と考えます。
  • 第39話:営業業績向上とマーケティング
    営業業績向上の営業活動は、常に顧客の期待水準や競合の対応水準を注意深く観察し、顧客の期待水準や競合の対応を上回り続ける」ことであり、その結果「満足な状態」の顧客が競合を「上回り続ける」ことが重要な焦点と考えます。
  • 第38話:営業業績向上とマーケティング
    営業業績向上の営業活動は、セリング的活動だけではなく、 エリアに適応したマーケティング戦略企画を立案し、顧客満足実現のマーケティング的活動を組織で展開し、売れる環境づくりをしていくことが重要な焦点と考えます。
  • 第37話:営業業績向上とエリア戦略
    営業業績向上のエリア戦略立案は、エリアマネジャーがエリア戦略を構造的に整理し、体系化しながらリ理解しておくことや戦略的思考や発想を行うための基礎を培うことが重要な焦点と考えます。
  • 第36話:営業業績向上とエリア戦略
    営業業績向上のエリア戦略は、エリアマネジャーが、実効的なエリア戦略立案のための「エリア戦略の要件」について理解を深め、戦略を立案することが重要な焦点と考えます。
  • 第35話:営業業績向上とエリア戦略
    営業業績向上のエリア戦略は、エリアマネジャーが、エリア 戦略立案の前提としての知っておくべき戦略の意義や戦略に基づく営業活動のアントラインなどエリア戦略の視点を、押さえておくことが重要な焦点と考えます。
  • 第34話:営業業績向上とエリア戦略
    営業業績向上のエリア戦略は、革新的エリア戦略が確立されることです。その確立は、戦略や戦術の展開までの実行計画をその通り実行するやり方が本命の課題であり、そのノウハウの確立こそが重要な焦点と考えます。
  • 第33話:営業業績向上と組織開発
    営業業績向上の組織開発マネジメントは、営業管理者が「仕事」「人」「職場」3つのテーマに焦点を当て、それらを同時に、統合して実践することと、常に環境変化に適応して革新していくことであり、そのしくみが重要な焦点と考えます。
  • 第32話:営業業績向上と組織開発
    営業業績向上の組織開発は、営業管理者による職場メンバーが仕事上の意思決定を行う場合の判断基準づくりとその基準を適用し職場メンバーが環境適応へのあるべき行動変革を生み出す技術の取得が重要な焦点と考えます。
  • 第31話:営業業績向上と組織開発
    営業業績向上の組織開発は、営業管理者が自身の組織マネジメントにより組織集団や個々人に働きかけ、組織集団の直接的には見えない部分や個々人の心の中の態度をあるべき状態に変革することが重要な焦点と考えます。
  • 第30話:営業業績向上と組織開発
    営業業績向上の組織開発は、営業管理者が自組織の継続的な営業業績向上のフォーメーションをつくり、その行動化を通して組織を組織にすることであり、組織にメンバー全員の力を結集出来る状況にすることが重要な焦点と考えます。
  • 第29話:営業業績向上とエリア開発
    営業業績向上のエリア開発戦略展開で実現すべき成果は、シェアのアップ、利益のアップ、先の市場を読める、ライバルの先手が打てる、モノの見方・考え方・目標の共通化、ノウハウの共有化、組織風土の変革などが重要な焦点と考えます。
  • 第28話:営業業績向上とエリア開発
    営業業績向上のエリア開発は、営業管理者による拠点のエリア開発戦略の策定と浸透活動により、成果を生み出すことと同時に革新的エリア戦略が確立されることが重要な焦点と考えます。
  • 第27話:営業業績向上とエリア開発
    営業業績向上は、職場及び個々人の目的・目標達成のために、営業管理者が、自身が確信ある・メンバーが納得する「見通しづけある」エリア開発構想を描けることが重要な焦点と考えます。
  • 第26話:営業業績向上とエリア開発
    営業業績向上のエリア開発は、エリアマネジャーが拠点の経営者として、自らあるべき姿を描き出し、革新的エリア戦略を形成し、それをどのように実現するか知恵を出すことが重要な焦点と考えます。
  • 第25話:営業業績向上と組織のビジョン
    営業業績の向上は、営業管理者自から企業家的視点をもって、組織全メンバーが「わが職場はこうありたい」と強力に思えるビジョンを設定し、その実現に必要な行動を推進することが重要な焦点と考えます。
  • 第24話:営業業績向上と組織の目的
    営業業績の向上は、管理者が自組織の目的を明確化し、自組織の向かう方向に組織メンバーの価値共有化を促進して、メンバー全員が組織目的に対する責任意識で仕事をすることが重要な焦点と考えます。
  • 第23話:営業業績向上と目標管理活動
    営業業績向上の目標管理活動は、管理者が組織だった仕事の進め方を確立し、組織だった方策樹立のために、部下・メンバーと共有化している状態をつくることが重要な焦点と考えます。
  • 第22話:営業業績向上と目標管理活動
    営業業績向上の目標管理活動は、管理者による新しい意味や価値を創出するための共働目標の設計と共働を促進する関係づくり・状況づくりを行うことが重要な焦点と考えます。
  • 第21話:営業業績向上と目標管理活動
    営業業績向上の目標管理活動は、管理者が、自ら自組織の将来のあるべき姿としてまとめあげた、組織構想をつくることがまず、重要な焦点と考えます。
  • 第20話:営業業績向上と目標管理活動
    営業業績向上の目標管理活動は、管理者が現状から目標を達成するために、その達成の道筋が常に組織だって明らかになっていくことをマネジメントすることが、重要な焦点と考えます。
  • 第19話:営業業績向上と人材育成(能力開発)
    営業業績向上の人材育成(能力開発)は、管理者自身の職場マネジメント構想のなかに、しっかりした育成の仕組みがつくり込まれていることが重要な焦点と考えます。
  • 第18話:営業業績向上と人材育成(能力開発)
    営業業績向上の人材育成(能力開発)は、管理者が、人材が育つ職場環境づくりと OJTの考え方・方法論をつくりあげていくとことが重要な焦点と考えます。
  • 第17話:営業業績向上と人的資源開発
    営業業績向上の人的資源開発は、目標達成のためのトータル的な管理活動のなかに組み込まれ、統合的になされていくことが重要な焦点と考えます。
  • 第16話:営業業績向上と人的資源開発
    営業業績向上の人的資源開発は、管理者の職場マネジメントが、メンバーに理解され受け入れられて、営業活動の質が最大限に高められていくことが重要な焦点と考えます。
  • 第15話:営業業績向上と管理者行動
    営業業績向上は、管理者の管理行動が個別に働きかける実務中心のマネジメントではなく、職場全体に働きかける管理による管理中心のマネジメントが重要な焦点と考えます。
  • 第14 話:営業業績向上と営業マネジメント
    営業業績向上の営業マネジメントは、担当者のヒューマンウェア(内的条件)に焦点を当てたマネジメントが重要な焦点と考えます。
  • 第13話:営業業績向上と営業マネジメント
    営業業績向上の営業マネジメントは、達成過程で管理者と担当者が、目標項目のアウトプットを求めて活動する目標をつくっていくことが重要な焦点と考えます。
  • 第12話:営業業績向上と組織マネジメント
    継続的な営業業績向上の組織マネジメントは、管理者が自ら環境を解釈し、自組織の構想を練り、革新行動を起こしていくことが重要な焦点と考えます。
  • 第11話:営業業績向上と求められるマネジメント
    継続的な営業業績向上のマネジメントは、機会開発マネジメント、目標達成マネジメント、仕事完遂マネジメントが全員で隙間なく行われることが重要と考えます。
  • 第10話:営業業績向上と環境変化時代のマネジメント
    今日のような環境変化時代の営業業績向上のマネジメントは、環境変化への環境創造適応型の革新と創造のマネジメントが求められると考えます。
  • 第9話:営業業績向上と顧客対応評価
    継続的な営業業績向上には、自社及び自社営業担当者の顧客対応評価は、最小率の法則で評価されることが重要な焦点と考えます。
  • 第8話:営業業績向上と教育研修
    営業業績向上は、教育研修を土台にした営業業績向上の仕組みづくりとその有効機能化への取り組みが重要な焦点と考えます。
  • 第7話:営業業績向上と営業体質
    営業業績向上は、「負の営業・営業組織体質」を「正の営業・営業組織体質」に変革することが重要な焦点と考えます。
  • 第6話:営業業績向上と管理者
    継続的な営業業績向上は、 組織の柱である管理者がしっかりした柱となり、 安定した組織になること が重要な焦点と考えます。
  • 第5話:営業業績向上のポイントは
    営業業績向上のポイントは、 守りを固めて攻める・内を固めて攻める「適切な戦略 形成」×「強い・自律課題解決成長型組織づくり人づ くり」が重要な焦点と考えます。
  • 第4話:営業業績向上への変革は
    営業業績向上への変革は、 直接的には目に見えないソフト の部分の変革が 重要な焦点と考えます
  • 第3話:営業業績向上と継続
    継続的な営業業績の向上は、 目標達成と組織・人づくりが バランス良く達成される管理の構築が 重要な焦点と考えます。
  • 第2話:営業業績向上と継続
    営業業績向上とは、 継続的な営業業績の向上であり、 日常の営業活動の中で「気づく」 が重要な焦点と考えます。
  • 第1話:私どものご支援
    私どものご支援は、 クライアント企業さんの目標達成・顧客創造状況と営業・営業組織状況のステージアップに適応した「営業課長・所長の管理のしくみづくりから運用、機能化」までの 「考え方」「方向性」をパッケージ化して提供させていただき、継続的な営業業績向上の自動化を実現していただくことです。
© 2016 FOMDコンサルタンツ

PAGE TOP